category -

恋焦がれ

2011/ 08/ 04
                 
君が好きだ

雪が舞うころから、君の情熱が恋しかった

雨と雷とともに君は来た

挨拶はしないの

君は朝早くから僕を起こしす

夜明けから泣いている

なぜ泣くの
 
君は白脚は飛び跳ねる

僕を逆上せさせる

僕は君を眺めあげる

遠く高く

夕暮れ君はまた泣く

力の限り

僕を静めさせてくれる

懐かしい香りとともに

夜が更ける

君は一時隠れる

僕は追わないまた会えるから

君はひとつひとつ火照る

僕はだんだん君に嫌気がさしてくる

「ごめん」

そして何時か君は去って行く

僕の心に思いを沁み込ませたまま

そして僕は、俯く

また会おう・・・・夏 



s 


 



            
スポンサーサイト
            
                                  
        
category -

梅の花

2011/ 02/ 26
                 
穏やかな波


荒れ狂う島


繰り返される刃傷


散乱する精霊


無機的な涙


滴る汗





産声


希望


努力と忍耐


笑い声


渇望する


光と影


・・・見つめてきた


遥か離れた梅の花が散った


永遠という場所で待つ仲間の元へ


そこには未知というものがあるのか


                         
                                  
        
category -

冬の詩

2011/ 01/ 09
                 

s
 


天道がお辞儀をした


長い影の舌をだして


「あっかんべ~」  「寒いやろ」 


冷たいまなざし 
 


遠くから朝から夕方まで見つめている


凍てつく夜


一際輝く大きな星


今日は欠けている


あいつのせいか


憎い贈り物


吐く息は


透き通る空に煙のように登りかき消されていく